素晴らしき犬生活・英ペット事情
ロイター通信を見ていて気になる記事を発見しました。

[ロンドン 24日 ロイター] 「犬好き国家」として知られる英国では、
多くの飼い主が愛犬に自分よりもヘルシーでおいしい食事を与えていることが、
24日発表の調査で明らかになった。

 飼い主1337人を対象に行った同調査によると、18%が愛犬に缶詰ではなく
新鮮な食材を与えており、飼い主よりもよい食事生活をさせていることがわかった。
このほか、21%の犬がチーズ、15%が魚、そして9%が野菜を与えられていた。

 さらに、飼い主の25%以上は、犬用の食べ物を自分も食べられると答えている。

 しかし、グルメな食事は高くつく。同調査によると、飼い主が
犬の食事に費やす金額は年間230万ポンド(約4億8500万円)。
また、飼い主の10%が愛犬に肥満問題があることを認めている。



日本のペット事情とは全く違うと感心させられる。
でも、人間が食べれないものは犬にも食べれない、というのは確かにそう思える。
たまにお客様とのお話しでフードの味見の話をすると
すごく驚かれる。
確かに「バクバクッ」と食べるわけにはいかないが
かじるくらいならなんの抵抗もない。
もちろん、不審なフードはかじるのも嫌だけれど・・・
近頃では人気のワンちゃん用ケーキももちろん人間も一緒に食べれます。
f0062658_16101573.gif
[PR]
by poo-pet | 2006-05-30 16:11 | 気になるNEWS
<< 2006 初泳ぎ フィラリア症予防 >>



フラッティのefとの生活やワンコに関する情報や疑問など 
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30