狂犬病36年ぶりに国内で発症
厚生労働省は16日、旅行先のフィリピンで犬に手をかまれた京都市内の60代男性が狂犬病を発症し、意識不明の重体になっていると発表した。日本人の狂犬病発症は1970年以来36年ぶり。日本や英国などごく一部の地域を除いて、狂犬病はいまだに世界各地で流行しており、同省は渡航者に注意をうながしている。

 男性は今年8月末ごろ「フィリピンのマニラから相当離れたいなか」で、野良犬に手をかまれたという。

 厚労省によると、帰国したのは11月1日。その時期は潜伏期間中だったため、自覚症状はなかった。しかし、今月9日から風邪のような症状を訴え始め、13日以降は幻覚症状や水や光を怖がるといった狂犬病特有の症状が現れたため、入院。国立感染症研究所(東京・新宿区)で検査を受けた結果、16日に狂犬病ウイルスが検出された。

 死亡率100%と言われる狂犬病だが、感染後でも、ワクチンを接種すれば発症を抑えることができる。しかし、男性は渡航前も帰国後も、ワクチン接種をうけていなかったという。

 国内で人に感染した例は1954年を最後になく、海外で感染した日本人が帰国後に発症したのは1970年にネパールから帰った男性以来。

 狂犬病は日本では撲滅されたが、世界では流行。メキシコ、ペルー、コロンビア、エクアドル、インド、ネパール、スリランカ、タイ、ベトナムなどで毎年死者が出ている。WTOの推計では、04年に世界で約5万5000人が狂犬病で死亡。フィリピンでは04年に248人の死亡が確認されている。

狂犬病が撲滅されたのは世界でも日本やオーストラリアを含む11カ国のみだそうです。
ペット大国のアメリカで撲滅できてないというのが現実です。
[PR]
by poo-pet | 2006-11-17 11:37 | 気になるNEWS
<< 集中!そして・・・・ ちゃーんと手も使えるんです >>



フラッティのefとの生活やワンコに関する情報や疑問など 
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
goodpartners! POO
□□□□□□□□□□□□□□

京都の桂にある愛犬のためのトータルサポートショップです。
ナチュラルフードからケア、ホテルまで犬の快適な生活のためのお手伝いをいたします。

goodpartners!POO

□□□□□□□□□□□□□□
カテゴリ
お気に入りブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧