カテゴリ:気になるNEWS( 26 )
犬の鑑札
京都市はこの春から、飼い犬に着ける
「鑑札」と狂犬病予防の「注射済票」のデザインを一新した。

飼い犬の登録をした人に渡しており、着用が義務付けられているが
着用率は約4分の1と伸び悩んでいた。

新しい鑑札は縦1.7cm、横2.7cmの楕円形で
横になった笑顔の犬の絵があしらわれている。
注射済票は縦1.7cm、横2.3cmで犬小屋のデザイン。
いずれも従来の半分程度の大きさ。

f0062658_11433343.jpg


上の二つが旧型のもの

これまでのものはいかつい印象で
小型犬の首輪にどうやってはめるの???っていう感じのものだった

でも狂犬病予防で着用が義務づけられていて
罰則もあるのですが、着用率は低迷している。
どちらも25%程度らしい。
25%もあるってホント!?っていうくらい
お店にくるワンちゃんの首輪にこの札がついていることはない

市ではすすんで着けたくなるような工夫が必要だと考えてデザインを一新した。

小型犬の細い首輪でも無理なく付けられる大きさにするなど工夫をしたと
いうのだが、お店で取扱っている小型犬用の首輪は
太さが1.5cm程度のものが主流で
超小型犬用は1~1.2cm程度になる
本当に着用率を上げようと考えて作ったのか疑問が残ります。
[PR]
by poo-pet | 2009-04-17 11:51 | 気になるNEWS
ファーストドッグ決定
12日付の米ワシントン・ポスト紙は、オバマ大統領一家がホワイトハウスで飼う犬が決まり、名前は「ボー」になったと報じた。

f0062658_11192432.jpg


 犬種は「ポルトガル・ウオーター・ドッグ」で、生後6か月のオス。
全身が黒い毛に覆われ、胸元と手足、あごが白色のため、
「タキシードを着ているように見える」という。
エドワード・ケネディ民主党上院議員が、長女マリアさんと次女サーシャさんに贈った。
同紙によるとボーは、新しいオバマ家の一員として、14日にお披露目される。

 大統領は選挙期間中、2人の娘に対し、当選したら犬を飼うと約束、ペット・アレルギーのあるマリアさんへの影響が少ない犬種を中心に慎重に選定を進めていたそうです。

影響が少ないっていうのは、抜け毛が少ないってことなのでしょうか?
それ以外に唾液の問題などもあるようですね。

他に候補にあがったのが
ラブラドール×プードルのオーストラリアン・ラブラドゥードル
らしいのですが
オーストラリアン・ラブラドゥードル
はアレルギーフレンドリーをもとめてかけあわされたもので
いわゆる「雑種」です。
初代は1988年からということなのでだいぶと研究されてきているようです。
が、もしファーストドッグがオーストラリアン・ラブラドゥードルになっていたとすれば
日本では未熟な繁殖業者による繁殖がふえていたでしょうね・・・
[PR]
by poo-pet | 2009-04-14 11:30 | 気になるNEWS
HERO DOG
ニュースで知って久し振りに感動しました。。。



この勇気ある犬を引き取りたいという問い合わせが
たくさん寄せられているそうです。
[PR]
by poo-pet | 2008-12-10 00:10 | 気になるNEWS
老犬ホーム時代?
朝日新聞の記事より・・・

老人ホームならぬ「老犬ホーム」が各地に誕生している。
家庭で世話できなくなった犬を有料でケアする施設だ。
年老いた犬の夜鳴きに悩んだり、飼い主自身が老人ホームに入ったりと
預ける事情は様々。人間顔負けのペットサービスはどこまで進むのか・・・

老犬ともなると、人間同様になんらかの疾患を抱えている場合が多い。
定期的に病院に行き、薬を飲ますだけならまだ楽なほうで
寝たきり、痴呆、自分で排泄ができないなど
介護するほうも重労働しかも24時間体制が必要となる。

老犬ホームの費用は月に2~3万から、一括払込で380万ほどと
その施設によってまちまちのようです。
約半数の人が預けた犬の様子を見に来ることはないそうです。
自分自身に介護などの問題がおこって犬を託すのですから
面会にいけないのは仕方ないのだと思います。

犬を飼う上で、いろいろな事情がおこり、こういった選択肢も
否定はできないことだと思います。
当店のお客様の中にも一人暮らしで犬を飼われていて
脚が悪くなったり、病気をしたりで世話ができなくなったり、
子供の家に同居することになったり・・・
などと様々な理由で犬の引き取り手を探される方から相談をうけることがあります。
でも、そういった場合ほとんどの犬がもう老犬になっている状況です。
もちろんなかなか新しい飼い主はみつかりません。
そんな状況におかれた人にとってはありがたい施設なのだと思います。
でもほんとうに大変な作業です。
きちんと犬の世話がなされているのか
監視できるようにしていただきたいと思います。
[PR]
by poo-pet | 2008-11-16 12:13 | 気になるNEWS
人→犬 あくび伝染?
朝日新聞の記事より・・・

・・・・・・・
人のあくびが犬に伝染することが実験で確かめられた。
あくびの伝染は人やチンパンジーの間で報告あれているが、人と犬では初めて。
ロンドン大学の日本人研究員が英科学誌バイオロジー・レターズに発表した。
「飼い犬は人に共感する能力を備えているのかも」と話している。
実験は、飼い主の家など、犬が落ちつける場所で行った。
飼い主以外の人が5分間犬と一緒にいて、目があったら声を出してあくびをした。
その結果、29匹のうち21匹が1回以上あくびをした。同じような口の動きだけでは
1匹もあくびをしなかった。伝染のメカニズムについては研究が必要という。
動物は思いがけない相手と遭遇したときにあくびをすることがある。
研究チームは「その可能性も否定しきれない」としつつも、つられあくびが
犬と人とのコミュニケーションに役立っている可能性がある」と指摘している。
・・・・・・・・


こころあたりはありますか?
犬のあくびについては
自分を落ち着かせようとする行動で
カーミングシグナルの一つだといわれてますが・・・
人のあくびはよく伝染するような気がしますが
いちど、あくびをしながら愛犬をみてみたら
同じようにあくびをしているかもしれないですね。
[PR]
by poo-pet | 2008-08-12 12:23 | 気になるNEWS
愛犬のクローン
MSNのニュースに気になる記事をみつけました。
以下

「愛犬のクローン作ります 米ベンチャー企業」

このニュースのトピックス:メディア倫理
 【ロサンゼルス=松尾理也】あなたの愛犬のクローンを作りませんか-。米ベンチャー企業、バイオアーツ・インターナショナル社(カリフォルニア州)は近く、愛犬家の要望を受けてクローン犬を作成するビジネスを開始すると発表した。一般向けのクローン犬作成サービスは世界初めてとなる。ビジネス開始を記念して、1匹を無償で作成する懸賞を実施する。

 クローン犬の作成は「ベストフレンズ・アゲイン」計画と名付けられ、5匹の枠を設定して来月、それぞれをオークションにかけて申し込みを募る。最低入札価格は10万ドル(約1000万円)という。

 クローン犬1匹分の作成をプレゼントするキャンペーンも実施。希望者は、なぜクローンを作りたいかを説明する英文のエッセーと愛犬の写真を添え、ウェブサイト(http://www.bestfriendsagain.com/)から申し込む。締め切りは今月24日、同27日に当選者が発表される。

 クローン作成には、2005年に世界初のクローン犬作成に成功し、米タイム誌の同年の「もっとも驚くべき発明」にも挙げられた韓国の黄禹錫・元ソウル大教授が協力する。黄元教授は論文捏造(ねつぞう)で国際的な非難を浴びたが、バイオアーツ社は同教授の技術を独自に検証し、問題はないとの結論を得たという。

 一方、米動物愛護協会などからは「捨てられたり、処分されたりするペットが多い中で、巨額の費用をかけてクローンを作るのは利己的すぎる」との批判も挙がっている。

いくら飼い犬を愛していても
そのクローンが欲しいと思うものなのでしょうか?
見た目はそっくりでも、一番大切な性格まで同じ犬というわけにはいかないでしょうし・・・
[PR]
by poo-pet | 2008-06-15 18:04 | 気になるNEWS
食肉加工会社社長の恐ろしい思惑
近頃、世間を騒がせている許せないニュースの1つに
北海道苫小牧市の食肉加工販売「ミートホープ」が豚肉を混ぜたひき肉を
「牛ミンチ」として出荷していたことがあります。
この会社、豚肉を牛肉と偽っていただけでなく、
賞味期限切れのものも扱っていた疑いがあるそうです。
ケチな社長は「どんなくず肉も捨てるな」と従業員に指示していたそうな・・・

そんな社長が2004年の1月に雑誌のインタビューで答えているそうです。
「廃棄するしかない肉を集めて、ドッグフードをつくる」と
今朝のニュースでみただけなので詳しい経緯はわかりませんが
これが事実だとしたら、今は2007年です。
廃棄肉を使ったドッグフードが出回っているのかもしれません。

ドッグフードは「食品」でもなく「飼料」でもないため、
原材料やその製造・管理方法に特に規制があるわけではなく、
要は何でもありなのが現実です。
上記の社長のような考えがまかり通るのが現実なのです。
きちんとした法整備をしてほしいものだとつくづく思います。
[PR]
by poo-pet | 2007-06-22 11:47 | 気になるNEWS
アニマルレスキューシステム基金
先日の夕方のニュースで見たのですが
アニマルレスキューシステム基金というのをご存知でしょうか?

以前、ここでも野良猫の避妊手術をしているお話をしたのですが
そういった運動をされているようです。
神戸に否認去勢手術の専門クリニックがOPENしたそうです。
要望があれば、野良猫の捕獲・手術・輸送返却までも低価格で
していただけるそうです。
手術済みの猫は耳をV字型にカットしてありました。

日本では薬処分されるうちの多くを子猫が占めているそうで
それは野良猫が産んだ子猫や多頭飼いしている猫が産んで
育てられなくて・・・といったものが多いようです。
猫の繁殖能力はすごく、産まれたものを捕まえて薬処分するのでは
きりがないそうです。
それよりも、新しく産まれないようにすれば将来的には必ず数は減るという考え方です。
産まれて来た命はまっとうさせてあげるということなのでしょう。
私自身もこの考えには賛成です。

興味のある方はホームページをのぞいてみてください。
[PR]
by poo-pet | 2007-04-28 14:57 | 気になるNEWS
神戸で不発弾処理
ニュース映像を見てて、ん?と思ったことです。

神戸市東灘区のマンション建設予定地で見つかった不発弾の処理が
4日朝から午後にかけて自衛隊の手で行われた。
約1万人に避難命令が出されたほか、
周辺の幹線道路や高速道路は約5時間半封鎖され、
阪神電鉄も一部運休。大きな混乱はなかったが、
近くの学校などに身を寄せた住民は「阪神大震災時の避難を思い出した」そうです。

震災の時の教訓をいかし、混乱はなかったようです。
がっ、避難所に犬は入れないということで
犬を連れてお散歩する人がTVにでていました。

お散歩に6時間は大変だ~
まだ、4日はいいお天気だからよかったものの・・・
震災の教訓はペットには活かされないものなのか?
[PR]
by poo-pet | 2007-03-06 14:46 | 気になるNEWS
愛犬と交わす一杯
f0062658_1743593.jpg

AP通信によると
オランダ南部のペット店店主が、狩猟のあとに飲む冷えたビールの楽しみを愛犬と
分かち合いたいと、犬向けのビールを開発した。
醸造工場に委託した牛肉エキス入りのノンアルコール飲料で、
「あなたの親友のためのビール」と銘打ってPRに乗り出した。
ただ価格は一瓶1.65ユーロ(約260円)と一般的な地元ビールの約4倍だ。

日本では260円なら安いのでは?と興味深々ですが、日本に輸入されるとしたらむっちゃ、
高いんだろうなー
[PR]
by poo-pet | 2007-01-24 17:43 | 気になるNEWS



フラッティのefとの生活やワンコに関する情報や疑問など 
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
goodpartners! POO
□□□□□□□□□□□□□□

京都の桂にある愛犬のためのトータルサポートショップです。
ナチュラルフードからケア、ホテルまで犬の快適な生活のためのお手伝いをいたします。

goodpartners!POO

□□□□□□□□□□□□□□
カテゴリ
お気に入りブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧