<   2006年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
危険なつまみ食い-チョコレート中毒-
f0062658_12331155.gif
ヴァレンタインがあったせいなのか、近頃体重が増えたワンちゃんの飼主さまから
「チョコレートが好きで・・・」とか「チョコレートつまみ食いしちゃって・・・」
といったお話をよく伺う
みなさん、チョコレートが犬にとって危険であることに
気づいていない様子

チョコレートに含まれるテオブロミンが犬にとって強い毒性があり、症状は犬によって差が有る。嘔吐や下痢、興奮、発熱、痙攣などの発作があったり、血尿、脱水になることがある。ときに昏睡状態→死に至ることもあるらしい。
犬の体重当たりの致死量は250~500mgとされている。チョコレートで20~30gに相当。
チョコレートの種類によってテオブロミンが含まれる量が違うそうですが、
ホワイトチョコレート、ミルクチョコレート、ブラックチョコレートの順でテオブロミンの量は多い。

気をつけなくてはならないのは、チョコレートケーキなど食品に含まれている場合です。料理用のチョコレートはテオブロミンの量が板チョコよりも多く含まれています。人間が少しの量だから・・と油断して与えてしまうと体重の軽いわんちゃんにはものすごい量となっているのです。
[PR]
by poo-pet | 2006-02-27 12:48 | wanの食
ペットフードとは
朝日新聞の記事によると
ペットフードは1860年に英国で犬用ビスケットが製造・発売されたのが始まりらしい。
日本では1960年に犬用の粉末タイプが売られたのが最初で
番犬用としてお米やさんが宅配していたそうです。
そういえば、昔からのお米やさんには
今でも「ビタワン」の看板が残っていたりするなぁ

ペットフードとは
「穀類や油脂類、魚介類、肉類、添加物などを原材料に
成形機や加熱殺菌機などで製造したもの」
日本のペットフードは米国飼料検査官協会の栄養基準が用いられているそうです。
その基準では、カルシウム、ナトリウムなどのミネラル類、粗たんぱく質、ビタミン類
など37種類の栄養項目について必要量が定められていて
これを満たすと「総合栄養食」として表示できる。
そのドッグフードと水だけで必要な栄養素はすべてまかなえる、という意味です。

原材料名は多い順に表示されているが
表示されている原材料の使用量の合計がフード全体の80%あればいいため微量な添加物などは表示されていない場合もあるようなのです。
ちょっと恐いですね。

最近は手作り食を与えてられる方も増えてきています。
そんなに難しく考えなくてもいいそうなのですが
カロリー計算とか面倒だなって思ってしまいますね。
エフの場合はドライフードを基本としてシリアル・お肉or魚・野菜を
f0062658_16351211.gif

2:1:2:2の割合で与えている。
今のところ、便・体重とともに血液検査での状態にも問題はない。
エフのごはんのゆでササミは息子がつまみぐいするほどおいしいらしい・・・
しばらくはこのごはんで様子をみていこうと思っています。
[PR]
by poo-pet | 2006-02-25 16:43 | wanの食
犬の平均寿命
RETRIVER2月号によると
日本愛玩動物協会と東京農工大学の共同調査によると
犬の平均寿命が8、6歳から11、9歳へと、この10年余りで3、3歳延びているという。
またカナザワ動物病院の金澤先生も「臨床経験から判断すると、大型犬では12歳前後、
小型犬では15~6歳というのが“寿命”の目安」とのこと。
寿命が延びた理由としては「獣医学の変化や・飼主が啓蒙された結果」と氏は推測する。
また長生きするためのポイントとして、年に2回の健康診断を受けるように呼びかけている
とか・・・

f0062658_15331512.jpg
たしかにお店にくるワンちゃんでも平均寿命とされる11、9歳なんて、まだまだ若い。我が家の元気なじいさん、15歳になるゴンなどはヒゲが白くなってきたくらいで平均寿命を超えているとはちっとも感じない。
犬の15歳といえば、人間では76歳。
まだまだこれから、です。
[PR]
by poo-pet | 2006-02-21 15:38 | 気になるNEWS
マナー違反
f0062658_12533015.jpg
今朝、家の門を出ようとしたとき
息子が「あっ!」と声をあげた
何?と指差す方を見てみると、あろうことか門の真下に犬のウンチが・・・
道路よりも一段上がった場所だったので完全に敷地内である。

マナー違反にもほどがある。
その方は自分の家の玄関先に犬のウンチが放置されていてもなんとも感じないのだろうか?
ほんとうに腹が立つ

それ以外でも散歩しているといたるところに犬のウンチは放置されているし
人の家の壁に平気でマーキングさせている人もいる。
そんな一部のマナー違反の人のおかげで
愛犬家は公園を締め出されたりしているのだ。

お店の中でもほんのたまーに足を上げてオシッコをする犬がいる。
大抵の方はあわてられるのだが
ごくごく一部に当たり前のように平然とされている方がいる。
一度「犬はおしっこするもんやしね」と言い放たれたお客様がいた。
それにはさすがにプチッと頭の中から聞こえてきたので
本気で説教しようと思ったところをオーナーになだめられた事がある。

飼主の基本的なマナー向上を心から願います。
[PR]
by poo-pet | 2006-02-18 13:32 | いろいろなお話
犬にとっての快適住居
近頃、犬関連の雑誌以外だけでなく大手住宅メーカーなどでも
犬のための住宅やリフォームなどが提案されています。

我が家もefの脚が悪いとわかった時点で
リフォームを決断しました。
でもいざ実行となると計画段階でさまざまな問題がありました。
犬にとっても人間にとってもすべてに満足というのは
やはり無理があって、優先順位をつけなくてはなりません。
その中で、これは譲れないものにはとことんこだわりました。

それは床でした。
滑らない床として例を挙げられているものは
タイル・コルク・無垢材などでしたが
コルクは床を掘る犬には不向きだし、無垢材は合板よりは柔らかくて
足腰に優しいといっても、やはり滑ります。
そこで、犬の動線やハウス部分にはタイル
人間の居空間には無垢の杉板を使うことにしました。

よく雑誌に載っているテラコッタタイルというものは
厚みが薄いもので2cmもあり、2階部分にリフォームで気軽に使えるものでは
ありませんでした。
そこでよくあるのがテラコッタ調のものだったのですが
これは表面がつるつるしているため
「滑らない床」にこだわった私たちには納得のできないものでした。
建築士さんにいろいろサンプルを探していただき
その中で一番すべりにくそうなものを使いました。


かくしてエフのためのすべらない床は完成したのです。
が、エフのためのザラザラなタイルは
掃除機の寿命を縮める、スリッパがすぐだめになる。
後に授かった息子のハイハイ期には
ズボンの膝がすぐダメになる・・・などといった
予想外のトホホも少々あったのでございます。
f0062658_13395794.jpg

[PR]
by poo-pet | 2006-02-17 16:28 | wanの住
アガリクス食品が発ガン促進?
厚生労働省が、がん予防に効果がありとされている
きのこの一種アガリクスを使用した健康食品に
動物実験でがんの発生の促進する作用が認められたとして
販売元に自主回収と販売停止を要請したそうです。

発ガンを促す作用が確認されたのはキリンの子会社のものだったのですが
中国産の100%アガリクスで、
その製品自体に発ガン性はないものの
ほかの発ガン物質の作用を促進する作用が確認されたそうです。

ほかの2社の製品についてはこれまでの試験で問題はなかったそうなのですが
がん予防になるとされていたアガリクスの実験結果には少々・・・かなり
驚いてしまいました。
犬用のアガリクスもサプリメントとしてあるのです。
大丈夫なんだろうか?とやはり思ってしまいます。
「風評被害でアガリクスが売れなくなる」と他のアガリクス食品を
販売する方がニュースで心配するコメントをだされてました。
確かなことがわからないとやはり買い控えになってしまうのでしょうね。
[PR]
by poo-pet | 2006-02-15 00:26 | 気になるNEWS
1カップのごはんの量
f0062658_16154035.jpg以前から、よくお客様に
「この子は1回に1/2カップくらいあげてるんやけど、
それでいいやろか?」
と聞かれます。

そのたびにグラムでの量を説明するのですが
「じゃあ、カップのどれくらい?」
とまたカップ量で聞きなおされます。
そのたびにとっても困ってしまいます。

なぜなら、フードによって
粒の大きさも密度も違うので同じカップでも
まったく違うグラム数になってしまうからです。


以前、フードの変更した
ワンちゃんが体重がどんどん増えていったことがありました。
原因はカロリーが100gあたり50kcalも違うフードを
同じカップ量与えていたことでした。
調べてみると1日に必要な量の倍近く与えていたことになったのです。

太ったり、痩せてきたり・・・
簡単なところに原因があったりするんですよね。
[PR]
by poo-pet | 2006-02-14 16:16 | wanの食
コラーゲン
人間でもなにかと話題のコラーゲン
エフのご飯にも混ぜることにしてみました。

現在、エフのご飯は
低カロリーのドライフードを基本に
シリアル、ささみ、ボイル野菜となっている。
そこにクロレラとアースリスージの2種のサプリメントを加えている。

f0062658_14201878.jpg


現在のエフの後左脚はこの状態
退院してから3年とちょっと・・・
見た目には変化はほとんどない
エフも三本脚で歩くことにすっかり慣れてしまっている様子

劇的な変化があるとは思っていないが
人間でも整形外科でコラーゲン注射などが行われていることを思うと
少しはなにか・・・と
ほんの少し期待して試してみることにします。
[PR]
by poo-pet | 2006-02-13 14:25 | ef
遅ればせながら・・・
京都にてDOG STYLE SHOPをやっております

以前、ホームページの中で育犬日記を掲載していたのですが
途中から愛犬エフの闘病日記に変わり
1年以上もの入院期間を経たあと、日記は終了していました

その後もエフの様子などを心配する方からのメールなどをいただいていました

そこでエフの現在の様子をお知らせすることと
エフだけの話にこだわらず
普段のお客様とのお話の中からなどの
幅広いお話をしていきたいと思っています。
[PR]
by poo-pet | 2006-02-06 13:03



フラッティのefとの生活やワンコに関する情報や疑問など 
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
goodpartners! POO
□□□□□□□□□□□□□□

京都の桂にある愛犬のためのトータルサポートショップです。
ナチュラルフードからケア、ホテルまで犬の快適な生活のためのお手伝いをいたします。

goodpartners!POO

□□□□□□□□□□□□□□
カテゴリ
お気に入りブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧